CONCEPT

無垢材

長くつきあえて、使い込むほどに味わいを深める無垢の木。

長くつきあえて、使い込むほどに味わいを深める無垢の木。

無垢材とは

天然木を使った高級な建材です。こだわりを持たれるお客様に人気の商品で、施工箇所からは天然木独特の芳しい香りが立ち籠めてきます。その特徴故に、和室に利用されることも多いのですが、近年は「洋室にも優しい木の香りを」と、様々な用途で利用されています。

無垢材の特長

無垢材の床材や家具は、素朴な風合いとともに経年変化を味わえるのが特長です。木はつねに呼吸しています。つまり人と同じように歳を重ねるのです。時の経過にしたがって色が深まり、つやが出るなど、表情と魅力が増していきます。喜田建材では、框用の無垢材として、大工さんの鉋(かんな)がけで、美しい木目と艶が生まれる重厚な材木を用意しています。もちろん、木の持つ自然の力を考え、通気性のよい状態で管理しています。

木材の産地で違いを知る

000

小国杉

小国杉は、強度に優れ艶と粘りのある材質が特徴です。人肌に近い温度が体感でき、人の手や陽差しにふれアメ色の風合いが増します。木が発するフィトンチッドという芳香性の物質は、森林浴と同じリラックス効果を得ることができ、アレルギーの原因の一つと言われるダニの行動を抑制したり、殺菌作用、カビ防止の効果もあります。

北山杉

北山杉は京都府指定の木であり、京都市内を北へ2km、北山高雄で生産されている。高雄は、年間を通して気温が冷涼で、暑い夏の日でもさわやかな谷風がわたり、冬は冷たい北山時雨がみまう日々が続く。そんな、清滝川の清流にせまる谷間の湿り気の多い空気が、北山杉を育てるのにこのうえない条件となっている。

住宅への用途で違いを知る

000

床柱

床の間にある違い棚を支える柱や、床の間の横でどっしり構える柱。
和室に風格をもたらす天然の形状は、機械的に裁断した柱とは異なり、空間に天然の風味を加えてくれます。
喜田建材では、常時50本もの床柱を在庫するようにしていますが、製材商から仕入れの際には、柱としての機能を損なわないように太さの均一な物を厳選しています。
框(かまち)

建具

部屋の仕切りや外部との仕切りに用いる,開け閉めすることのできる可動性の障子・襖・窓・戸などの総称。
また無垢のドアも取り扱いしております。
建築設計時に利用されるモジュールという規格、910mmと1000mmの規格に対応したドア。
詳しくは、お問い合わせもしくは[DEMI1/2]にお越しください。