CONCEPT

KITAKEN STYLE

良きひと

ベテラン職人から若手大工に引き継がれる伝統工法

木組みの加工作業は、日本に残る伝統的な工法。

古くは「製材所で木を買い、木工所で加工し、
建築現場で大工による構造材への細かな加工」というのが一般的でした。
近代建築は、プレカットなどの規格化された住宅を建て、コスト抑制に繋げているのが特徴です。
その一方で、若手大工への技術伝承について懸念されています。

腕利き職人を育む環境

喜田建材では、機械加工の困難な丸太を利用した作業も高齢のベテラン大工と、
若手大工とがチームになって準備作業を進めます。
先輩の職人と若手の職人とがコミュニケーションを取りながら、技術伝承できる環境を作っています。
この作業スタイルは、若手と言われる職人でも、墨付け作業をこなしてしまうほどの技術を身につけます。

建材販売から建設工事、不動産、インテリア・雑貨小売販売まで、専任スタッフ・職人がお客様をサポート

・建材担当(県内、県外、海外)

・工事担当・職人
 大工
 軽天・軽鉄工事
 外壁工事
 内装工事

・建設設計担当 (確認申請、造成計画)

・不動産担当(仲介・売買、賃貸、競売)

・インテリア・雑貨小売り販売・イベント担当
(電化製品、雑貨、オンラインストア、イベント・ワークショップ)

地域社会において気持ちよく働くための安全性とマナー

技術と同じくらい大事なのが"安全"と"マナー"
いくら技術が優れていたとしても、近隣の方々や施主様へ迷惑をかけてしまっては意味がありません。
なので弊社では毎日、安全とマナーチェックを行っております。
・『現場に不要なものはおいていないか?』
・『現場は常に清掃し、清潔にしているか?』
・『近隣の方々に挨拶はできているか?』等の20項目
他にも定期的なマナー講習会なども実施しています。施主様、ご近所様、工務店様、
そして私たち自身が気持ちよく過ごせる現場を喜田建材は目指しています。



採用情報はこちら